立ち飲み屋のようなスタンド業態が繁盛するには店舗デザインが重要?

公開日:2022/11/01

将来は自分のお店を持ちたいと考えている方も多いのではないでしょうか。その中でも、立ち飲み屋のようなスタンド業態のお店は、小スペースかつ安価な資金で開業でき、経営初心者でもスタートしやすい業態です。そこで本記事では、スタンド業態はどのような需要があるのか、繁盛するお店のために何をすべきかについて解説します。

スタンド業態はどんな人に需要があるのか

近年流行している立ち飲み屋などのお店のことをまとめてスタンド業態といいます。せっかく外で飲食をするならゆっくり座りたいと考える方がいるかもしれませんが、スタンド業態の人気が高まっているのも事実です。

スタンド業態のお店は、座らないからこそ得られるメリットがあり、需要が高まっていることがポイントです。というのも、一般的なお店は席を確保するためにある程度広いスペースを確保しなければなりません。しかし、広いスペースを確保し、維持していくには開業資金とランニングコストが高くなります。

一方、スタンド形式の場合、全員が立った状態となるため、小さなスペースでも席数を確保できます。その分、開業資金やランニングコストが節約でき、ドリンクやフードの料金を安くできるのです。そのため、安く、短時間で飲みたい方に需要があるといえるでしょう。

さらに、スタンド形式のお店は4名用テーブル、6名用テーブルときちんと区切られておらず、カウンターが多い傾向になります。その分、一人客が入店しやすくなり、居酒屋に入りづらさを感じる方にも需要があるでしょう。

そのほかスタンド形式のお店は、小スペースな分、人と人の距離が近いのも特徴です。そのため、たまたま席が近かった人同士で会話が弾みやすく、会話好きの方にも需要があるといえるでしょう。

繁盛するお店づくりのために必要なこと

せっかく開業するなら、繁盛しているお店にしたいと考えるものでしょう。スタンド業態のお店を開業するときは、出店立地の選定を慎重に行うことが繁盛するポイントの一つです。繁華街ならどこに開業しても同じと考えるかもしれませんが、ほんの少しの差で繁盛するから変わるので、立地は慎重に考えなければなりません。

まず、開業場所の周辺環境について確認しましょう。安く短時間で飲みたい人というのは、学生や若者、サラリーマンが多い傾向にあります。そのため、ターゲットが多く住んでいるエリアやよく利用される駅を選定するとよいでしょう。

そして、周辺にどのような店舗があるのかを確認することも大切です。周辺に似たような店舗がいくつもある場合、その分ターゲットが多いことが分かります。しかし、競合店舗が多すぎると差別化を図るのがむずかしくなるため、慎重に検討しなければなりません。

さらに、人通りの多さも重要になるでしょう。開業当初はリピーターの顧客がいないため、新規顧客を獲得する必要があります。その際、店舗周辺に人通りが多ければ新規顧客を獲得しやすくなるので、平日や休日、時間帯ごとの人通りを確認しておくようにしましょう。このように、ポイントを押さえて出店エリアを選定することが、繁盛するお店づくりで必要なことになります。

【東京】おすすめの店舗デザイン業者ランキングはこちら


スタンド業態の店舗デザインのポイント

スタンド業態のお店を開業する際、立地も大切ですが店舗デザインも重要なポイントとなります。繁盛しているスタンド業態のお店のデザインは、2つの共通点があることをご存じでしょうか。

1つは外から中が見えることです。というのも、外から中の様子が見えると、にぎわっている様子が伝わって入店動機になるのです。とくに新規顧客の場合、どのようなお店か分からなければ入店しにくいものでしょう。そこで、にぎわっている様子が外からでも分かるようにすることで、入店のハードルが低くしているのです。

2つ目は、小スペースだからこそ導線が工夫されていることです。スタンド業態の場合、スペースがない分、モノや人で移動を制限されることがあります。そして、店舗内を移動しにくいことが原因で、料理やドリンクの提供スピードが遅いところがあるのです。

しかし、わざわざスタンド形式のお店に来ている方のほとんどはスピードを重要視しており、遅いという印象になればリピートにはつながりません。そこで、モノの配置や人の動きを考慮してテキパキと動ける店舗デザインにし、素早い対応で顧客満足度を高めているのです。

まとめ

スタンド業態の店舗は、小スペースで開業資金を押さえて自分のお店を持てるというのが魅力の一つです。経営の初心者でも始めやすいですが、ターゲットを押さえて開業するようにしましょう。

そして、ターゲットが多く住むエリアを狙う、競合店舗が周辺にあるかを確認する、店舗前の人通りを確認するなどが出店エリア決めのポイントとなります。さらに、外から中が確認でき、導線が工夫された店舗デザインにすることも繁盛するお店の秘訣だといえるでしょう。

【東京】おすすめの店舗デザイン業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名シエットブランシュストアパレットラルゴ藤倉工務店飲食店デザイン研究所
特徴スタッフ全員で1つの案件に対応。他社より半分の期間で納品可能!多種多様なスタッフが店舗づくりをサポート!自由な発想が実現する顧客の想い顧客のイメージ以上の空間が仕上がる!妥協のない姿勢が人気商店建築の経験とノウハウを活かした店舗デザインが魅力!飲食店専門の店舗デザインを実施!集客と売上を優先した店舗づくりが可能
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索